土台となる生地に別の生地を乗せ、ミシンに剣山のような特殊な針を取り付けて叩くように刺繍します。
異素材の切り替え部分に使用したり、模様を浮き上がらせるように使うこともできます。