土台となる生地の上に、上地となる生地を刺繍したものをアップリケ刺繍と言います。
同じ柄でもアップリケを変えるだけでぐっと雰囲気を変えることもできます。
生地やデザインによって幅フリでしっかり刺繍したり、ステッチでざっくり縫い付けたりします。